メインイメージ

私たちの生活は税金と深い関係がある

私たちの生活・社会を維持していくためには税金は必要です。
それを払っている為に、必要な社会的サービスを受ける事ができると言っても過言ではありません。
従って、必要な物は払うようにする、それが国民の義務です。
だから、払うべき税金はしっかりと納める様にしましょう。
知らなかったと言ってそれを怠ってしまうと、結果的に脱税している事になってしまう事があります。
そして、その場合追徴課税されてしまう事があり、当初払うべき金額以上を払わなければいけなくなる事も有るのです。
従って、まず自分の収入・支出はどれくらいかをはっきりとさせましょう。
そして必要な場合は確定申告をして、納税額を決定してもらうべきです。
そうする事によって、必要な金額を払えるようになります。
社会保障サービスはどうしても目には見えにくいのですが、生活を維持するためには必要な物です。
それを維持するための財源として税金は必要なので、しっかりと忘れずに納税する様にしましょう。

知っておきたい税金の知識

所得税は1月1日から12月31日までの間に生じた所得をもとにして税金を計算し、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告し、納税する建て前になっています。
これを確定申告といいます。
サラリーマンの所得税は、源泉徴収されるために、確定申告をする必要はありません。
しかし、税額計算や納税をする機会もほとんどないために、自分の税金問題について、もっともウトイ層の一つになっているのが、サラリーマンなのです。
しかし、例外的に申告しなければならない場合や、一般の人でも進んで申告したほうがトクというケースもありますから、自分の税金は、自分で考える心がけが大切です。
サラリーマンでも、次のようなときには申告しなければなりません。
まず給与が年間1,500万円を超えている場合です。
次に給与を1か所から受けている人で、給与・退職所得以外の各種の所得が、20万円を超える場合です。
例えば原稿料などの雑所得その他の所得が20万円を超える場合がこれに当たります。
そして給与を2か所以上から受けている人で、年末調整を受けなかった給与の収入金額と給与所得および退職所得以外の所得との合計が20万円を超える場合です。
それから同族会社の役員や親族などで、その会社からの給与のほかに、貸付金の利子や店舗などの賃貸料の支払いを受けている場合です。
確定申告は、最寄りの税務署を通じて行います。
申告用紙に必要事項を記入し、会社などからの源泉徴収票や、控除を受けるために必要な領収証などを添付して提出します。

Favorite

まつげエクステ フランチャイズ

誕生日ケーキ 通販

Last update:2016/7/6

Copyright © ウソ?ホント?役立つ豆知識~金融編~ All Rights Reserved.