メインイメージ

税金の種類は?

税金には大きく分けて2種類あります。
一つは直接税で、もう一つは間接です。
直接税とは、所得税や法人税などを指しており、基本的に累進課税です。
累進課税とは、簡単に言えば多く給料をもらっている人ほど税金を払わなければいけないという税金のシステムがこれになり、直接税に多い傾向です。
反対に間接税は、直接払うものではなく、消費税や、酒税、たばこ税等がそれに当たります。
これは、直接税に対して、累進課税ではありません。
ですから利用すれば利用するだけ大きく税がかかって、反対に利用しなければ税がかからないというわけです。
例えばたばこ10万円使っている人と、0円の人で、たばこ税50パーセントなら、税5万円の人と0の人が出てくるような仕組みです。
また、払う先も違いがあります。
国税と、地方税があって、こうしたものをしっかりと学ぶことによって、正しく税を納めることができるわけです。
ですから、こうしたものをしっかりとしっていきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

"

Copyright © ウソ?ホント?役立つ豆知識~金融編~ All Rights Reserved.