メインイメージ

税金のことを知るには

税金のことを知りたかったら、まずは簿記や会計について学ぶようにしなければなりません。
すべての税法について必要なものではありませんが、基本的には税金の歳出方法は簿記や会計に則って決まっているからです。
特に法人税や所得税、消費税は身近な税金でありながら、会計が分からなければ算出できないものになっています。
これらを概略的に理解するためにも、会計や簿記についても理解するようにしなければならないのです。
その後は、税法について勉強する必要があります。
法人税、所得税、住民税、消費税、酒税、ガソリン税、固定資産税など数多くの税法があり、学び始めればきりがありませんが、概略だけをつかむのであれば、地道に勉強していけば分かるはずです。
ただし、税法は極めて法改正が多いものとなっていますから、一度理解したからといって、油断していてはいけません。
去年までの税法を知っていたとしても、大幅に変わってしまっている可能性もあるからです。

注目サイト

Last update:2014/12/18

Copyright © ウソ?ホント?役立つ豆知識~金融編~ All Rights Reserved.