メインイメージ

所得税の源泉徴収

私たちの生活では、様々な種類の税金を支払わなければなりません。
その中で所得税は、給料や営業収入などの大きさに応じて支払わなければならない直接税と呼ばれます。
所得税は、フリーランスや複数の会社で働いている人は、確定申告をして納めなければなりません。
一方、1つの会社だけで働いているサラリーマンやパート・アルバイトの人で、他に収入源がない場合は、確定申告は必要ありません。
その代わりに、給料から所得税の分が源泉徴収されて支払われます。
源泉徴収は、例えば月給制の場合、月の給料を年額に換算してその年の年収を概算し、その金額によって給料から差し引く税額が決定されます。
しかし、残業代などで毎月の給料が変動する場合は、1年における毎月の源泉徴収額の合計と、実際の年収で計算した正しい所得税の間に差異が生じることがよくあります。
それを修正するために、年末調整が行われます。
年末調整では、1年間の給料総額の中から、生命保険料控除などの各種控除を差し引いて所得額を算出し、正しい所得税が決定されます。
そして、源泉徴収された金額との差異分が還付又は追加徴収されます。

check

歯科技工士を目指すなら新横浜歯科技工士専門学校
http://www.kyouseigakuen.ac.jp/

Copyright © ウソ?ホント?役立つ豆知識~金融編~ All Rights Reserved.